研究成果の公開

平成27年度採択

重点領域研究

研究課題 琵琶湖モデル構築を目標とするリン分析法の開発・循環の解明
研究代表者 環境科学部 丸尾 雅啓 准教授
研究期間 平成27~29年度

特別研究

 
研究課題 逆遺伝学的手法を用いた外生菌根菌ホンシメジの共生メカニズムの解析
研究代表者 環境科学部 泉津 弘佑 助教
研究期間 平成27~28年度
 
研究課題 環境応答型触媒への応用を目指した金属担持イオン性高分子ゲルの開発
研究代表者 工学部 伊田 翔平 助教
研究期間 平成27~28年度

平成26年度採択

重点領域研究

研究課題 熱輸送効率向上を目指した金属ナノワイヤ分散新規磁気機能性流体熱ダイオード開発
研究代表者 工学部 バラチャンドラン ジャヤデワン 教授
研究期間 平成26~28年度

特別研究

 
研究課題 フィリピンのボホール地震の影響を受けた石造建築物の損傷評価および保存修復方法に関する研究
研究代表者 環境科学部 永井 拓生 助教
研究期間 平成26~27年度
 
研究課題 苗村神社三十三年式年大祭をめぐる地域社会の歴史的・社会学的研究
研究代表者 人間文化学部 武田 俊輔 講師
研究期間 平成26~27年度

平成25年度採択

重点領域研究

研究課題 次世代太陽電池材料の研究開発
研究代表者 工学部 奥 健夫 教授
研究期間 平成25~27年度

特別研究

 
研究課題 分子遺伝学的解析を用いた外来シジミの琵琶湖への侵入と固有種セタシジミへの影響の検証
研究代表者 環境科学部 細井(田辺) 祥子 准教授
研究期間 平成25~26年度
 
研究課題 アカマツ-ホンシメジをモデルとした外生菌根共生メカニズムの解明
研究代表者 環境科学部 泉津 弘佑
研究期間 平成25~26年度

平成24年度採択

重点領域研究

研究課題 内陸アジアにおける地下資源開発による環境と社会の変容に関する研究-モンゴル高原を中心として-
研究代表者 人間文化学部 棚瀬 慈郎 教授
研究期間 平成24~26年度

特別研究

 
研究課題 赤外線実働応力計測を用いたき裂先端近傍の詳細応力場観察とそれに基づくき裂進展評価
研究代表者 工学部 和泉 遊以 助教
研究期間 平成24~25年度

平成23年度採択

重点領域研究

研究課題 大気降下物が琵琶湖とその集水域に与える影響の評価
研究代表者 環境科学部 永淵 修 教授
研究期間 平成23~25年度

特別研究

 
研究課題 暗所における色光・光強度変化による心理的効果に関する研究とその応用
研究代表者 工学部 山田 逸成 助教
研究期間 平成23~24年度
 
研究課題 疾病時における水溶性ビタミン栄養状態の把握
研究代表者 人間文化学部 福渡 努 准教授
研究期間 平成23~24年度

平成22年度採択

重点領域研究

研究課題 沿岸から沖への栄養塩の水平輸送が琵琶湖の生物生産に与える影響の評価
研究代表者 環境科学部 伴 修平 教授
研究期間 平成22~24年度

特別研究

 
研究課題 小径間伐材の高性能面格子壁を用い、デザイン性・耐震性に優れた住宅の提案
研究代表者 環境科学部 松岡 拓公雄 教授
研究期間 平成22~23年度
成果概要 研究成果報告会資料
 
研究課題 熱音響システムにおけるガラススタックの適応可能性についての基礎検討
研究代表者 工学部 坂本 眞一 准教授
研究期間 平成22~23年度
 

平成21年度採択

重点領域研究

研究課題 鮒鮨の機能性に関する総合的研究
研究代表者 人間文化学部 灘本 知憲 教授
研究期間 平成21~23年度

特別研究

 
研究課題 植物栄養元素の獲得を支配する遺伝子の解明
研究代表者 環境科学部 長谷川 博 教授
研究期間 平成21~22年度
成果概要 研究成果報告会資料
 
研究課題 ソーラー水素製造のための既存要素集積型光熱電変換セルの開発
研究代表者 工学部 山根 浩二 教授
研究期間 平成21~22年度
成果概要 研究成果報告会資料
     
研究課題 押し込み試験およびファイバー曲げ試験によるガラスの永久変形機構の解明
研究代表者 工学部 吉田 智 准教授
研究期間 平成21~22年度
成果概要 研究成果報告会資料
   
研究課題 滋賀県における男女共同参画社会実現プログラムの構築
研究代表者 人間文化学部 京樂真帆子 教授
研究期間 平成21~22年度
成果概要 研究成果報告会資料